うんとかすんとか

sakase_sanのブログです。ガジェットの話題やらなんやら。

物撮りに便利!manfrottoのスタイリッシュミニ三脚「PIXI」開封レビュー

f:id:sakase_san:20140211202944j:plain

卓上での撮影には機敏性の高いミニ三脚をお使いの方も多いと思いますが、今回は三脚メーカーの老舗manfrotto社製のミニ三脚「PIXI」の紹介です。料理や小物の卓上撮影やアウトドアでも役立ちそうです。 

パッケージ

余計な説明はないシンプルな前面は女性の謎ポーズ。

f:id:sakase_san:20140211182148j:plain

 裏面には簡単な用途の説明。シールでの日本語説明もあって親切。

f:id:sakase_san:20140201110917j:plain 

仕様

  • 全伸高:13.5cm
  • 格納高:18.5cm
  • 自重:230g
  • 耐荷重:1kg
  • 材質:ステンレス

iPhone5Sと比較するとこんな感じ。

f:id:sakase_san:20140201121500j:plain非常にコンパクトですが、脚部が太くしっかりしていて安定性は非常に高いです。また、脚を広げた際は約16cmの幅を取ります。

特徴

  • 雲台の角度調整

雲台の角度はロゴボタンを押しながらポールを動かして角度を調整します。このボタンが少し硬めで、細かい調整が少し難しいです。ただし、この硬さは大きめのカメラに対応するためとのことなのでしょうがないですね。

f:id:sakase_san:20140211185838j:plain

傾き角度は-35°〜+35°。実際にカメラを装着するとこんな感じ。

f:id:sakase_san:20140211190826j:plain

それほど角度の可動域は広くない印象ですが、別途雲台のアタッチメントでカバーできますし、ミニ三脚にはこれくらいのシンプルな構造の方がいいかなと思います。

  • 手持ちでの使用

裏面パッケージの写真にもあるように畳んだ脚を持つことで、動画などで安定した撮影を行うことができます。

これが実際に持ってみると非常に持ちやすい!というのも、脚を折り畳んだ状態だと脚が円柱状になりグリップ感が非常に強くなるからです。

f:id:sakase_san:20140211192354j:plain

気になるところ

 ・高さ調節はできない!

いえ、できなくはないですがやらない方がよいです。最初は脚の広げる角度で高さも調整できるのでは?と思ったのですが、そのような使い方は想定されていないようです。

脚の底面に付いている滑り止めが、脚をいっぱいに広げた状態でぴったり接地するようになっています。中途半端に脚を広げた状態だと滑り止めが地面に接地せず、役目を果たせず不安定な状態となります。

これが滑り止め。

f:id:sakase_san:20140211193233j:plain

きちんと脚を広げた状態。

f:id:sakase_san:20140211195951j:plain

中途半端に広げた状態。滑り止めが少し浮いてしまいます。

f:id:sakase_san:20140211195930j:plain

まとめ

サイズも収まりがよく使い勝手もよいので、ちょっとした撮影や物撮りなどに最適なミニ三脚ではないでしょうか。作りもしっかりしており安っぽくないところもよいです。その丈夫さでアウトドアでの使用も問題ないかと思います。おすすめです。

 f:id:sakase_san:20140201121531j:plain

しかしあれですね、タ◯コマに似てますね。

PIXI ミニ三脚 - 三脚 - フォト | Manfrotto

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B