うんとかすんとか

sakase_sanのブログです。ガジェットの話題やらなんやら。

ついにPepperくんがやってきた!※ただし体長150mm

f:id:sakase_san:20150315214757j:plain

世界初の感情認識パーソナルロボット、Pepper(ペッパー)くんが、すでにデベロッパー向けに販売開始されていますが、私もいち早く手に入れることができました!事前に公開されていた情報とは少し違う気がしますが、それはまぁそれとして、 その一望を紹介します。

なんだか少し小さい気がする…

f:id:sakase_san:20150315214557j:plain

まず、届いて一番の驚きが、意外と小さいということですそして軽い。製品仕様には素材はABS/PVC、質量は約49gとあります。持ち運びにも便利な軽量級ということですね!

以下の画像はiPhone5Sとの比較です。やはり、本体が大きいと日本の家屋には合わないということで、最大限のコンパクト化が図られています。さすがです。

f:id:sakase_san:20150315221930j:plain

こだわり抜いた機能

f:id:sakase_san:20150315215346j:plain

そして気になる機能についてです。可動部は肩のみで、ぐりぐりと動かすことができます。まだアプリケーションを導入していないため、自分で動かす必要があります

そしてこのPepperくん、なんと文字を書くことができるのです!この情報はなかったため非常に驚きです。どうやらこのタイプは文字でコミュニケーションを図るようです。

f:id:sakase_san:20150315215734j:plain

製品仕様

ここで製品仕様をまとめます。

サイズ 約61.1(W)×54.3(D)×150.0(H)mm
重量 約49g
バッテリー なし
センサー なし
可動部 肩:2
ディスプレイ 塗装
プラットフォーム スタンドペンx1
通信方法 なし
移動速度 最大 0km/h
移動可能段差 最大 0cm

ちなみに、商品が届く際のパッケージはこんな感じです(ちょっと怖い)。

f:id:sakase_san:20150315222638j:plain

まとめ

f:id:sakase_san:20150315220954j:plain

…というわけで、Pepperフィギュア型ボールペンでした。SoftBank SELECTIONにて購入することができます。ネタっぽく紹介しましたが、かなり作りも精巧で、リアルな出来になっています。本物のPepperくんはさすがに買えない、という方でも簡単にお迎えすることができます(本来の機能を無視することができれば)。

ボールペンとしての実用性については察して下さい。


SoftBank SELECTIONには、スタンドペン以外にも、多数Pepperくんグッズがあるようですね。要チェックです!

Pepper スタートブック

Pepper スタートブック